WiMAX

WiMAXのクレードルは必要?利用してみてわかったオススメ機能を紹介

投稿日:

WiMAXを契約する際に、クレードルをどうしようか、と迷うかもしれません。

契約時に勧められたり、キャンペーンで無料になっていたりと、なんとなく便利そうな機器なのはわかるけど、本当に必要かどうかがいまいちわからないという方も多いはず。

ネット上でも必要不必要と議論はわかれており一概にどちらが正解とも言い切れません。

そこで、このページではクレードルの機能と、管理人が思うクレードルの必要性について紹介していきます。

少しでも参考にしていただければ嬉しいです。

<スポンサーリンク>

クレードルとは?

そもそもクレードルとはなんなのでしょうか。

クレードルとは、スタンド型のWiAMX専用拡張機器のことで、WiMAX端末を置くだけで様々な便利機能を利用することができます。

クレードルに置くことで利用できる機能は3つあります。

  1. 充電できる
  2. 有線LAN接続が可能になる
  3. 固定回線を無線化できる

そもそもクレードルとは英語のcradle(ゆりかご、受け台)から来ており、文字通りWiMAX端末のゆりかご的役割を果たしています。

便利ポイント①:充電できる

クレードルがあることで、スタンド置き充電が可能です。

クレードルがなくてもWiMAX機器に直接USB接続で充電可能なので、正直なくても困ることはありません。

それでも、個人的にクレードル充電をオススメしたいポイントがあります。

オススメ①:スマートでおしゃれ

クレードルにWiMAX端末を置くだけで室内がキレイにまとまります。

USBでコンセントやPCから直充電も出先ならしょうがないですが、家の中だとなんとなく整理されてない感じがしませんか?

卓上がキレイに収まっているとそれだけで気持ちが良いものです。

WiMAX端末をクレードルに差し込むだけで、ちょっとお洒落なインテリアとして利用できます。

見た目にもスマートなクレードルは、部屋をキレイにおしゃれにしたいなら必要不可欠ですね。

オススメ②:充電忘れを防ぐ

これは、個人的に利用していて良いなと思ったポイントです。

  1. 外出時にはクレードルから端末をサッと取り出して持ち運び。
  2. 帰宅時に、クレードルに差し込み充電しながらホームルーター代わりに。

クレードルがあるだけで、定位置に必ず端末を置く癖が付きますので、外出時の持ち出し忘れ、帰宅時の充電忘れが格段に減ります。

うっかり鞄の中に端末を入れたままで、次の日ネットが使えない…。なんてことは誰しも経験したことがあるはず。

クレードルがあるだけで、うっかりを減らすことができるのでオススメです。

便利なポイント②:有線LANしかない機器でインターネット利用が可能

クレードルの拡張機能のひとつに、有線LAN接続機能があります。

クレードルと無線機能のない端末を有線LANケーブルで繋げることにより、WiMAXのインターネットが利用可能になる機能です。

デスクトップPCやTVなどでは未だに無線LANが標準装備じゃない端末もあったりします。

そんなときクレードルさえあれば、繋げるだけでOK!WiMAXの無線WiFiを有線インターネットに変換して利用することが可能です。

無線/有線、両方に対応したWiMAX環境が作れるので、有線しか使えないデバイスを持っているならクレードルは間違いなく必須です。

便利なポイント③:固定回線を無線LAN化できる

クレードルは、固定回線の無線LAN化機能を持っています。

光回線やADSLといった固定回線は、基本的に無線LANが利用できません。

利用するには追加で無線LANルーターをレンタルもしくは購入する必要がありますが、ルーターは意外と高額で、レンタルの場合約500円/月のレンタル料がかかりますし、購入するとしても1万円前後の費用が必要です。

クレードルには無線LANルーターと同等もしくはそれ以上の無線LAN機能が付いており、固定回線とつなぐことで、クレードル自体が無線LANルーターとして機能します。

クレードルは簡易無線ルーターとして利用できるので、

例えば、出張で地方のホテルを利用したけど有線LAN環境しか用意されていないような緊急時でも、クレードルさえあれば全く問題なく利用できてしまうんです。

無線LAN規格も、IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4Ghx/5GHz対応)なので、高速通信にも対応しています。

結局、クレードルはあったほうが良いか?

ここまで、クレードルの機能について紹介してきました。

結論としては、

クレードルは、無くても良いけど、あったほうが断然便利。

といえます。

見栄え的な部分や簡易無線ルーターとして利用できるのは、意外と大事です。

価格も3,000円前後とそこまで高価ではありませんので、初期投資として購入しておいたほうが後々後悔することも少ないかと思います。

クレードル代が無料になるキャンペーン

契約するプロバイダによっては、クレードル代が無料になるキャンペーンを実施しているところもあります。

例えば、GMOとくとくBB×WiMAXならW05、W04、WX04といった、最新機種を含む幅広い機種でクレードルが無料になり、更に高額キャッシュバックを受け取れるキャンペーンを実施しています。

So-netでもクレードル無料キャンペーンを実施していますが、こちらは機種がW04に限られています。

W05、WX04といった最新機種でクレードルを無料にしたいなら「GMOとくとくBB」からの申し込みがベストな選択といえそうです。

キャンペーンについては、以下の記事でも紹介していますので是非読んでみて下さい。

ピックアップ記事

- こちらの記事もオススメです-

光回線5社一括比較!
光回線を比較するならコチラの記事で。
NURO光の公式キャンペーンを全部比較!
NURO光の1番お得な申込み方法がわかります。
ドコモ光のISPはとくとくBBな理由
ドコモケータイとのセット割はドコモ光だけです。
衝撃!2年縛りのない光回線enひかりとは!?
2年縛りがないので、気軽に申し込めるオススメ回線です。

人気記事一覧

1

家でも外でもインターネットに接続する必要のある方にとって、ポケットWi-Fiは必要不可欠です。 また、スマートフォンのデータ通信量を気にして、ポケットWi-Fiを活用したいと思っている人も多いと思いま ...

2

現在、多くの人が使い初めている「格安SIM」。 みなさんの周りにも普通のキャリアから格安SIMに乗り換えた方も多いのではないでしょうか。 月々の通信料金ををリーズナブルにおさえることができると人気の格 ...

3

固定回線サービスのなかでも、とくに高速なのが「光回線」です。 光回線は、2014年に光回線の自由化が始まってから、「光コラボ」や「超高速光回線」など様々なサービスが増えてきています。 利用者にとって選 ...

4

So-netはインターネットプロバイダの印象が強いかもしれませんが、WiMAX 2+のサービスも提供しています。 WiMAX 2+の電波はUQWiMAXと同じものを使っていますが、料金やサービス面が異 ...

5

業界最速の光回線NURO光。 プロバイダのSo-netが、ダークファイバーと独自のG-PON技術によって実現した、高速インターネットサービスです。 NURO光は、回線速度がNo.1であるにも関わらず、 ...

6

「スマホがau回線に対応している」 「高品質で高速な格安SIMを探している」 そんなあなたでしたら、UQモバイルがおすすめ! UQモバイルは、auのキャリアを運営しているKDDIのグループ会社です。 ...

-WiMAX
-, ,

Copyright© 快適netLife.com , 2018 All Rights Reserved.